声を磨く

メラビアンの法則というものをご存じですか?
コミュニケーションでの重要性は口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%で、会話自体の内容はわずかに7%であるというものです。

実際はこれは間違った解釈だそうで、普段の会話に当てはまるわけではないのですが、それでも会話の内容以外、つまりノンバーバルな要素はとても重要な事に変わりはありません。

表情や身振り手振りなどのオーバーリアクションなどについては以前にも触れましたが、今回は意外と誰も気にしない、声について解説してみたいと思います。

とはいえ、生まれつきの声質を矯正しろと言うわけではありません。
もちろん自分の声がコンプレックスなら、ボイストレーニングなどして変えるのも一手ですが。
そこまでしなくても印象を変えることは出来ます。

まず恋愛初心者の方に多いのが、女性と話すときに声が小さすぎる人です。
女性と会話しているときに、よく聞き返される方は要注意です。
声が小さい人は頼りなく感じますし、楽しい雰囲気になりづらいです。

声が小さいという自覚がある方は、話すときに感情を込めて話すようにしましょう。
また話している相手に声を届けるというイメージで話すようにするといいでしょう。
普段から家族や仲のいい友達と話している時の感覚をしっかりと覚えておいて、女性と話す時にもそのまま話しましょう。

また最近の若い人に多いのが、声が大きすぎる人です。
大勢で一時的に盛り上がるのにはいいですが、恋愛モードには不向きです。
状況を考えずに大きな声を出していると、空気が読めない人扱いされてしまいます。
たまに周囲の邪魔になるほど大声で笑いながら、机などを叩く人がいますが、あれは絶対に止めた方がいいです。

声が大きすぎると指摘される人は、意識して相手との距離感を考えましょう。
この場合の距離感は、心のではなく、身体的な距離感です。
すぐ横や前にいるのに大声を出す必要はありません。

ただ声が大きすぎるのは、自覚がない人が多いようです。
常に相手の反応を気にしたいですね。

声は恋愛だけでなく、ビジネスなどでも役立つスキルです。
一度ご自分の声をスマホで録音するなどして聞いてみて、修正してみてはどうでしょうか?

もし本気で声を改善したいなら、こちらの本がオススメです。
CD付きなので、発声練習の方法などがわかりやすいです。