2タイプの質問を使いこなそう

知り合ったばかりの女性と会話する場合、最初にいろいろと聞きだして共通点を探っていく必要があります。

例えば趣味とか学生時代のクラブ活動とかで共通点が見つかると、一気に親しくなれそうですよね。

そういう時にはどんどん質問していって共通点を探っていくわけですが、下手な質問の仕方だと職務質問のようになってしまい、印象を悪くする可能性が高くなります。

ではどういう質問の仕方をすればいいのか?

それはオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを使い分けることです。

jj178_350a

オープンクエスチョンとは「趣味は何?」とか「将来何がしたい?」といった選択肢のない自由回答式の質問です。

逆にクローズドクエスチョンとは「休みの日は外で遊ぶのが好き?」とか「アクションと恋愛ものの映画どっちが好き?」といったようなYESかNOで答えられるものや選択肢のあるものをいいます。

会話の初めはクローズドクエスチョンで少しずつ話題を狭めていきます。

たとえば「映画はレンタルして見る? それとも映画館に行く?」といった感じです。

クローズドクエスチョンだとテンポ良く会話が出来て、女性も答えやすいのが特徴です。

オープンクエスチョンはより深く情報を引き出せるのですが、女性はあまりこのタイプの質問にはしっかりと答えない傾向があります。

「趣味は何?」と聞いても「趣味はない」と答える女性がとても多いです。

ところがクローズドクエスチョンで「休みの日とか外で遊ぶ方? それともインドア派?」→「家にいて暇な時は映画とか見る? それとも本読む?」→「映画だったらアクション系と恋愛ものどっちが好き?」というように答えてくれやすくなります。

なのでクローズドクエスチョンを何度かして話題を狭めて、オープンクエスチョンで深い情報を引き出すような感じが理想です。

この二つの質問形式を使い分けるのは、女性との共通の話題を探る上で非常に大事なので、機会があればもうちょっと詳しく書きたいと思います。

 

オススメの出会いサイト

Pairs(ペアーズ)
圧倒的会員数の優良サイト!
まずはここに登録しよう!

ラブサーチ
女性会員比率が高い優良サイト!
掲示板機能も豊富

ランキング参加中です


クリックしてくれると嬉しいです。