5W1Hを活用すべし

5W1Hという言葉は聞いたことがあると思います。

When(いつ)・Where(どこで)・Who(誰が)・What(何を)・Why(なぜ)・How(どのように)の6つをまとめた情報伝達のポイントとされるものです。

元はニュースなどの記事を作成するときに使われていた用語ですが、最近はビジネスでも使われる言葉です。

これは会話術においても応用可能です。

話題をふくらましたり、深掘りする際にこの5W1Hを意識して質問したりすると役に立ちます。

fv059

特に女性が自分の趣味や興味を持っていることについて話したときに、5W1Hを使って質問していけば、自然と話を盛り上げることが出来ます。

仮に女性が「スキューバダイビングやってる」というような話をすれば「いいね、いつもどこでやるの?(Where)」とか「なぜスキューバをやり始めたの?(Why)」とか深掘りすることが出来ます。

ただ質問攻めになりすぎると、いわゆる職務質問になってしまいますので、合間に「スゴいね」とか「俺もやってみたいな」とか感情の言葉を挟むようにしてください。

こういう質問をするときの注意点は、相手がどんどん話しているときは遮らないことと、あまり興味がない事をしつこく質問しないことです。

どんどん話しているときは相手の女性は盛り上がっているのだから、無理にそれ以上盛り上げる必要はありません。しっかりと話を聞いて、受け答えしましょう。

質問してもあまり反応がよくないときはさっさと話題を変えましょう。

興味のない話題で次々と質問されるのは苦痛です。そうなればあなたに対しても嫌な感情を持ってしまいます。

この5W1Hはオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンと併用することで、話題を広げたり深掘りするのに非常に役立つテクニックです。

しっかりとマスターして、自由自在に会話を広げたり狭めたり出来るようになりましょう。

 

オススメの出会いサイト

Pairs(ペアーズ)
圧倒的会員数の優良サイト!
まずはここに登録しよう!

ラブサーチ
女性会員比率が高い優良サイト!
掲示板機能も豊富

ランキング参加中です


クリックしてくれると嬉しいです。