連絡先を聞かない方がいいケース

出会った女性とはまず連絡先を交換して、それから仲良くなるという手順が一般的でしょう。

ですがあえて連絡先を聞かない方がいいケースもあります。

それは連絡先交換しなくてもまた会えるという場合です。

例えば同じ会社だとか、同じサークル、同じ習い事をしていていつも自分と同じ時間に来るとかの場合です。

こういう場合でも多くの男性は気に入った女性がいれば、すぐに連絡先を聞こうとしますが、そうすると女性は「この人は私に気がある」と判断して主導権を取られやすくなります。

ましてや会話も弾んでいないうちから連絡先交換を切り出せば、がっついている印象を持たれてしまいます。

無理に連絡先を聞かなくても、必ず会える場合は無理に連絡先を聞かない方がいいのです。

そうすることで余裕のある男を演出する事が出来ます。

またある程度仲良くなっても連絡先を聞かなければ、逆に「なぜ連絡先を聞いてこないのかな?」と心理的に女性の優位に立ちやすくなります。

 

ただし同じ会社・サークルなどのグループ内に、手の早い男(それもモテそうな)がいる場合は要注意です。

余裕をもって構えていると、先手を取られてしまう可能性がありますので、こういう場合はさっさと聞きだしておいて、早めに仲良くなれるようにしましょう。

それから同じグループ内でも会える頻度が低すぎる場合も、早めに聞いた方がいいでしょう。

こういう時は以前に解説した、理由付けをしてから連絡先を交換するテクニックを使いましょう。

もちろん、それ以前に会話テクニックも使って、ある程度以上は仲良くなっているのが大前提です。

メールやLINEだけで親密になるのは容易ではありません。

それに普段それほど仲良くないのに、やたらメールやLINEを送ると、やはり女性は「この人は私に気がある」と判断してしまいます。

女性がそう判断してしまうと主導権を取られるし、警戒されることもあります。

恋愛は駆け引きです。常に主導権を握れるように気をつけましょう。

 

連絡先を交換するコツ

気になった女性とメールかLINEでやりとりしたいと思っても、どういうタイミングで連絡先交換をすればいいのか分からないという方もいます。

何の脈略もなくいきなり「LINE交換して」じゃ好意がバレバレですし、がっついている感じでよくありません。

仮にそれが同じ会社の女性とかなら、社交辞令で交換はしてくれるでしょうけど、その後の反応はよくないでしょうし、最悪スルーやブロックされる可能性もあります。

fw066

女性と連絡先を交換する場合は、理由付けをしてから交換するのがベストです。

理由付けとは「今度みんなでバーベキューに行こう」など連絡をとる必要のある事を先に言っておくことです。

そうすれば「じゃあその時連絡するからLINE交換しよう」と自然な流れで言えますし、女性も自然と教えてくれやすくなります。

 

この理由付けは結構適当なものでも構いません。

女性が映画に詳しいという場合には「今度レンタルするとき面白そうなの教えて欲しい」とかでもいいです。

理由付けさえすればLINEぐらいなら意外と簡単に教えてくれます。

LINEは交換も手軽だし、いざとなればブロックすれば終わりですしね(笑)

 

ただしその女性を気に入ったから、という理由はダメです。これはいきなり切り出すのと大差ありません。

また間違っても先に連絡先交換してから理由付けしようと思わないでください。

先に連絡先交換してからだと、女性は「自分に気があるからバーベキューに誘っている」と警戒してしまします。

理由付けしてから連絡先交換することで女性は心理的に自然な感じを与えます。

 

今、LINEをしていない人は少数派だと思いますが、これから女性とたくさん出会いたいと持っている方は、必ずLINEで交換できるように、必ずインストールしておきましょう。

最近ではメールでやりとりしている人は少数派ですし、電話番号を聞くのはややハードルが高くなります。

LINEはやりとりも手軽で通話も出来るし、写真やスタンプも送れるので、恋愛シーンにおいては非常に有効なツールです。上手く活用しましょう。

 

「恋愛メール大百科」はメール無視された事のある人にぜひ読んで欲しい教材だというレビュー

恋愛メール大百科(著者:相沢蓮也さん)

%e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a4%a7%e7%99%be%e7%a7%91

恋愛メール大百科は2013年に発売された相沢蓮也さんによるメール・LINE術攻略の恋愛教材です。

相沢さん独特の理論的な文章スタイルで、メールやLINEでやりとりするための心構えやマインドが学べます。

同種の教材にはテンプレートが数多く紹介されているものがよくありますが、この教材はそれとは違い、基本的な考え方を教えてくれるのが特徴です。

なので恋愛メール大百科の内容をキチンと理解すれば、あなたや相手の女性がどんなタイプであっても、それに合わせた文章を考えて送れるようになるはずです。

相沢蓮也さんについて

相沢蓮也さんは1979年生まれの恋愛コンサルタント。ビジネス系の商材をメインとされている村上宗嗣さんの弟子という説も。

他にも「性欲トラップ」や「90日で告白を成功させる方法」などの恋愛教材を発売しており、理論的でわかりやすい説明が評価されれています。

同じ恋愛コンサルタントであるフクイレンさんと組んでナンパ教材を発売したりもしています。

恋愛メール大百科の構成

全編PDFで「基礎理論編」(334P)、「状況別実践編」(156P)、「読むだけでレベルアップする恋愛メールの具体例と解説集」(143P)の合計633Pにもなるテキストで構成されています。

このページ数だけ聞くと、読むだけでうんざりしてしまいそうですが、相沢さんの文章は1行が短く、行間もかなり空いているので、本気で読めば1~2時間もあれば全部読めてしまいます。

ただし恋愛メール大百科に書かれているのは、テンプレートや小手先のテクニックではなく、自分自身のマインドに関わることが大半なので、理解してその通りに実行できるようになるためには、何度も読み返す必要があるかも知れません。

恋愛メール大百科の概要

基礎理論編

PDF:334P

基礎理論編は全19章に別れていて、具体的な文章例や書き方ではなく、いろんな状況に合わせて適切なメールが送れるように、メールに対する考え方・マインドのようなものを徹底的に学びます。

まず第1章で数々の失敗談を読んでいきます。

相沢さんはこれらの失敗を大きく分けて7つのパターンに分類されています。そして読者はそれらに自分が当てはまってしまうかをチェックすることで、自己分析します。

その上で第2章以降を読んでいくことで、スムーズに理解できると思います。

この教材で学ぶのは定型文やテンプレートではありません。どのような状況にも柔軟に対応できる、恋愛メールに対する考え方やマインドです。

逆にしっかりと頭にたたき込んでしまえば、意識せずとも自然にどういうシチュエーションであっても、正しいメールが書けるようになるでしょう。

状況別実践編

PDF:156P

恋愛メール大百科の特徴はメール教材でありながら、普段会っている時のアプローチ法にも触れていることです。

ここでは特に女性との関係に応じて、自然なメールが送れるようになるための解説がされています。

まずあなたと女性との関係を、教材内で挙げられている4つのうちのどれに当てはまるのかを考え、そこからどういうメールを送るのが正しいのかを考えていきます。

こういう柔軟な対応はテンプレート中心のメール教材では出来ないことで、恋愛メール大百科の最大の特徴であると言えるでしょう。

読むだけでレベルアップする恋愛メールの具体例と解説集

PDF:143P

テンプレートとしてはいいメールであっても、その内容が実際のあなたと合っていなければ、そのメールを見た女性はどん引きします。

ここでは「恋愛を点ではなく線で考える」ことを念頭に置いて、実際のあなたとメール上のあなたの間に違和感を生じさせないように書くことを具体例付きで解説されています。

後半では実際のメール・LINE内容とそれに対する相沢さんの解説と女性の本音が40例も載っています。

今まで学んだことを思い出しながら、この実例集と解説を読んでいけば、いろんなシチュエーションに対応できるメール術が身につくでしょう。

特典

「もっとも再現性の高い、メールで女性の感情を揺さぶり、一気に好意を引き上げる、究極のメール駆け引き」(PDF:8P)

「読むだけでレベルアップする恋愛メールの具体例と解説集2ndステージ」(メルマガで配信)

上記特典はどちらも公式販売ページに初回アクセスから3日以内に購入された方のみです。

教材の評価

価格と内容のバランス

2万円弱という通常価格だと、メール・LINEという恋愛においてはあくまで補助的なツールのノウハウだけに費やすのはやや高いかなという印象もありますが、公式販売ページへの初回アクセスから3日以内は半額以下の7,900円で購入できます。

この値段でテンプレートでなく、様々な状況に応じて対応できる能力が身につけられるのであれば、むしろ安いと思います。

ちなみに初回アクセス後、3日過ぎてしまった方は違うブラウザからアクセスすれば、そちらから特別価格で購入できます。

恋愛初心者でも使えるかどうか

対象者はもちろん、正しいメールテクニックが分かっていない恋愛初心者です。

ただし恋愛メール大百科ではテンプレートや小手先のテクニックよりも、メールを送る上でのマインド論が中心となっています。

ただ真似をすればすぐにどうにかなる、というものではないので、これをキチンと使いこなせるかどうかは、恋愛初心者かどうかよりも、読んだ人がどれだけその内容をしっかりと理解するかにかかっています。

応用出来るテクニックかどうか

何度も書いたとおり、恋愛メール大百科で解説されているのは、そのまま使うテンプレートなどではなく、考え方・マインドです。

ですから正しく理解して身につければ、あなたや女性のタイプ・状況に関わらず応用出来ます。

再現性はどうか

非常に高いです。他のメール教材には女性を笑わせるメールのテクニックがよく紹介されています。

しかし現実の自分のキャラとメール・LINEでのキャラが一致しないと、かえってキモいと思われます。

疑問系で送るとかもよくあるテクニックですが、返信はもらえるかも知れませんが、相手が嫌々ながら返信しただけという可能性は十分にあります。

そういう小手先ではなく、基本的な考え方・マインドが身につくのが恋愛メール大百科です。

今すぐ送る文章を具体的に教えて欲しいという方には向きませんが、これから先ずっと使えるコミュニケーション能力の一つとしてのノウハウを学びたいのなら恋愛メール大百科をオススメします。

総合評価

当サイトでは恋愛メール大百科をメール・LINEが苦手な恋愛初心者にオススメできるB級商材に認定します。

 

当サイトから恋愛メール大百科を購入された方にはAmazonギフト券3,000円分をプレゼントします。

また恋愛メール大百科は相沢さんのサポートがあるので必要ないかも知れませんが、私の方でも出来るだけのサポートをさせていただきます。

 

購入される際はインフォトップの購入ページで、商品名の下に次のような表示があるか確認してください。

%e7%89%b9%e5%85%b8%e5%8f%97%e3%81%91%e5%8f%96%e3%82%8a%e8%a7%a3%e8%aa%ac01

もし表示されない場合は、お使いのブラウザのcookieが有効になっているかどうか確認の上、再度このページからやり直してください。cookieが有効になっていないと特典はプレゼントできませんのでご注意ください。

 

 

相手に合わせたスタイルで書こう

メールやLINEでやりとりする場合は基本的には短くしてください。

最近はLINEでのやりとりがほとんどでしょうし、女性もそれに慣れていますので、あまり長文を送るのは好まれません。

ただ相手の女性が長文を送ってくるタイプだった場合は、ある程度の長さの文章で返信した方がいいでしょう。

何行も続くメールに対して「OK」だけとかだと、逆に相手を不快にしてしまう可能性もあります。

メールの分量やスタイルは、相手に合わせるのが一番いいです。

jj200_350a

  • 女性が文章量が多めなら、自分も多くする
  • 女性があまり漢字変換せずにひらがなが多ければ、自分もあまり漢字を使わない
  • 女性が改行が多い、もしくはLINEで細切れに送ってくるなら、あなたも改行を多くしたり細切れに送信する。

こうした事を意識してメールやLINEを送れば、自然と相手にとって読みやすい文章になります。

相手の文章スタイルというのは、当然ですが相手にとって読みやすい文章だからです。

逆にこれらの反対に、例えば女性が短い文章しか送ってこないのに長文で返してばかりだと、まともに読んでもらえない可能性すらあるし、読んでもらえても不快感を感じさせてしまうことになります。

その他にも、スペースの空け方・句読点の使い方・言葉の言い回し・絵文字の使い方(男性はあまり使わない方がいいかもしれませんが)など相手のスタイルを真似るといいです。

LINEだとスタンプの使い方なんかもそうですね。相手が多用する人だったら、あなたもある程度使ってみましょう。

もちろん使うスタンプは相手の好みやタイプに合わせてくださいね。

 

こうしたことに気をつければ、少なくともやりとりするのが不快だとか思われることはなくなるはずです。

以前にも書いたと思いますが、メールだけで女性を口説くのは相当なテクニックが必要です。

恋愛初心者にとっては、相手の好みや予定を探ったり、約束の詳細を決めるのが正しい使い方なので、メールやLINEでは女性を不快にしないことを第一に考えて下さい。

 

 

キャラクターを統一する

恋愛初心者がよくやってしまうのが、実際に会っている時と、メールやLINEでやりとりしている時で、キャラクターを変えてしまうというものです。

直接、二人で会っている時は上手く話せないなどの理由からおとなしい感じなのに、メールやLINEではやたら明るいキャラで振る舞ってしまうというのが、よくある悪いパターンです。

また会っているときは頑張って笑わせようとしたりして軽いキャラを見せているのに、メールやLINEでは誠実そうなキャラを作ったり、やたら淡々とした文章しか送らなかったりするのも悪いパターンです。

fv071

メールやLINEなど、相手の女性と顔を合わさない場合、気持ちが大きくなってしまったり、逆に身構えてしまったりすることで、キャラクターの不一致が起きやすくなります。

ですが、あまりにも普段と違う感じでやりとりすると、女性に違和感を感じさせてしまい、悪い結果に繋がります。

二面性や意外性を感じさせるという点では、ギャップを感じさせるテクニックというのもあるのですが、これは直接会っているときに感じさせるものであって、メールやLINEでは使うべきではないと思います。

特にやりとりを始めて間もない頃とかは、普段の行動と違いすぎる内容のメール・LINEは送らないように気をつけてください。

これはメール・LINEでのケースに限ったことではありませんが、女性は初期段階で「この人は違う」と判断してしまうと、二度と恋愛対象に入れない事が多いです。

親しくなってからなら許されることでも、最初のうちは一発アウトの可能性も高いので、くれぐれも気をつけてください。

 

 

マメな男はモテる?

よく恋愛マニュアルなどには、マメな男がモテるというような事が書かれていたりします。

ですがこれは逆効果になる可能性が高いので気をつけてください。

なぜなら女性がマメに連絡されて嬉しいのは、ある程度以上の好意を持っている男性だけであって、まだよく知らない男性から頻繁に連絡されてもうざいと感じるだけだからです。

要は好きな男性(彼氏とか)にされたら嬉しいけれど、好きでもない男性にされたら好きになるというテクニックではないということです。

fv063

ではどのぐらいの頻度で連絡すればいいのか? それは相手の女性によって違います。

出来れば連絡先を交換した時に、どの時間帯なら連絡してもいいかを聞いておく方がいいです。

そして実際にメールやLINEが送られてきた(返ってきた)タイミングなどを見ながら、連絡する頻度を考えましょう。

まだ仲良くなっていない最初のうちは、あまり多すぎないように気をつけるべきです。

特にあまり意味のない挨拶メール(他に用件もない「おはよう」とかだけのもの)は絶対にやめましょう。

返信するタイミングも考えましょう。返事に1~2時間ぐらいかかる相手に対して、毎回5分以内とかで返信していると、いかにもがっついている感じがして、引かれてしまう事があります。

出来れば相手の返信ペースに合わせて、自分も返信しましょう。

相手が30分間隔で返信してくるなら、自分も30分間隔かそれより少し遅いぐらいでもいいです。

もちろん急用の場合はこの限りではありません。どうしても明日の予定を決めなければならないとか、そういった用件のメールが来たときは、すぐに返信すべきです。

まだ仲良くなってもいないのに頻繁に連絡をすると、モテるどころかストーカー扱いされて二度と恋愛対象内に入れなくなる可能性すらあります。

恋愛初心者の方にありがちな間違いなので、気をつけるようにしましょう。