本音と建前

女性は、本心とは違う言動をとって男の反応を試してくる場合や、軽い女と見られたくないために、本心とは違う言動をとることがあります。

恋愛初心者の方は、女性にデートに誘った時に、すぐにネガティブになってしまう場合が多いですが、実は気にする必要がない場合も多いです。

今回はそんな女性の本音と建て前について解説してみます。

本音ではOKなのに、軽い女と思われたくない、と考えて断わるフリをしているケースもあります。
また他に用事があったというだけかも知れません。

それに気づかずに、一度断られただけで脈無しと思ってしまい、諦めてしまう人もいるようです。実にもったいないですね。

女性がこのような建前を使う理由はいくつかありますが、ほとんどが次の2つのケースでしょう。
・軽く見られたくない
・軽く断ってみて、自分への本気度を知りたい

このような建前を使った駆け引きは、男性はほぼ使わないので、つい本気に取ってしまって諦めがちです。
しっかりと相手を見て、本当に脈がないのか、それともまだまだ可能性はあるのか、見極めないといけません。

 

ちなみにこのような駆け引きは、特別にプライドが高い女性だけがするわけではありません。

女性は基本的に誰でも受け入れるようなことはありません(マレにいるようですが……)。
このような女性の行動は、本能的な部分もあるし、「軽い女はダメ」という社会的な意識もあり、自然に出るのだと思います。

そういう場合に、本音を見抜いて、すぐに諦めないようにしましょう。

もちろん本気で嫌がっているならダメですが、悩んでいる状態なら、押せばOKをもらえる可能性は十分にあります。

ただし一度断られたら、その場でしつこく食い下がるのはやめた方がいいでしょう。

その場は軽く笑顔で「じゃあまた今度タイミングがあえば」とか言って、素直に引きましょう。
ただその後も今まで通りに継続して、関係を深めていくようにして下さい。

そしてまた時期を見て再度誘ってみましょう。
何度も誘うことによって、女性の側も「この前は断ったから今回は……」とか「何度も誘ってくると言うことは本気」と考えて、OKがもらえる率が上がるはずです。

もちろんその間に女性の自分に対する好意を上げるように、会話などでしっかりアピールして下さいね。

正直、この本音と建前は、男性にとっては面倒でしかない女性の駆け引きですが、逆に言えば誰とでも付き合うような軽い女性ではない、という証明でもあります。

上手く見抜いて、目当ての女性をデートに誘いましょう。

 

 

理想のテンションは?

男女間に限らず、コミュニケーションにおいては、相手とテンションを合わせるというのは非常に大事です。

いくら自分が楽しくて盛り上がっていても、肝心なお目当ての女性があまり楽しめていないのに、ハイテンションで話しかけては違和感を感じてしまいます。

かといってずっとローテンションでは暗い奴と思われるだけです。

今回はテンションについて少し解説したいと思います。

まずそれぞれのタイプについて簡単におさらいしましょう。

ハイテンションは楽しい人と思われますが、反面軽い人と見られやすく、また相手とテンションが合わないときはかなり空回りしてしまいます。

ローテンションは暗いイメージになるのが欠点ですが、悩み事の相談など、真剣な話で仲良くなる事も出来るのが特徴です。

そしてその中間、ミドルテンションは一番無難ですが、相手にとってあまり印象に残りません。その他大勢扱いされてしまいがちです。

 

ではどのテンションが一番いいのでしょうか?

理想は相手に合わせて、さらにテンションの波を上げたり下げたりする事です。

初対面の女性と話す場合は、相手のテンションを見定めて、その少し上ぐらいから始めましょう。

そして話の展開に合わせてテンションを変えていきます。

最近はずっとハイテンションの人が結構います。特にお酒の席など。

しかしこれは同じテンションになっていない相手にとっては苦痛にすらなってきますので、注意した方がいいです。

 

たいていの場合、最初はミドルテンションから始まって、話が弾むとハイテンションに、そして真剣な話題をするローテンションにというパターンを何度か繰り返すと思います。

もちろん盛り上げるためには、過去に解説した会話術なども応用して、上手くハイテンションにして、最終的に深い話も出来る関係になってローテンションも上手く使いこなしましょう。

 

テンションについては「モテ会話マスタープログラム」がとても参考になります。

実際に会話している動画がありますので、わかりやすさはダントツです。まさに百聞は一見にしかずです。

テンションが相手の女性と明らかにズレている、空気が読めないと言われる、という方は、ぜひ「モテ会話マスタープログラム」で基本から勉強してください。

 

 

中途半端に褒めない

女性を褒めることについての重要性は、以前にもこちらで書きました。
しかしその時にも書きましたが、日本人男性は褒めることが非常に苦手です。
せっかく褒めていても、かえって女性の気を悪くしてしまうこともよくあるようです。
今回はその中でも特に多い、中途半端な褒め方について見ていきたいと思います。

例えば、女性が新しい服やアクセサリーを買った後に、初めて会った時など、男性は褒めているつもりでこう言ったりします。

「それ着ていると(付けていると)かわいいね」

これだと新しい服やアクセサリーがないときは、かわいくないと言っているようなものです。

もちろん男性は褒め言葉として言っているのですが、実に中途半端になってしまいっています。
もともとは褒めるのが苦手、特に褒めることが恥ずかしく感じる方に多いようです。

褒める時はこのような中途半端な形になってしまわないように注意しましょう。

このケースですと前の会話にもよりますが、基本的には「いつもよりかわいいね」とか素直に「よく似合ってるよ」でいいでしょう。

他にも「意外と気が利くね」(意外とは余計)とか、「思ったより優しいね」(今までどう思ってたの?)などの例があります。

ここに挙げた例はわかりやすくするためにかなりベタなものを挙げていますが、褒めたつもりなのに、気付かないうちに相手を傷つけてしまっていることもよくあります。

女性は男性よりも基本的にデリケートです。
褒める時にも気をつけて、100%気持ちが伝わるようにしっかりと褒めましょう。

 

ファッションを学ぶ

新しい出会いを求める上で、最低限のファッションは必要になってくると思います。

中身が大事とはいっても、第一印象はやはり見た目です。そこで弾かれていては、中身がいくら良くても意味がありません。

ですが今までこのサイトでもあまりファッションについては詳しく解説はしていません。

というのも私自身がろくにブランド名なども分からないぐらい、ファッションに疎いからです。

ただ私は服飾とは関係ありませんが、デザインの勉強をしていた関係で色に対してこだわりがあり、そのせいか割と女性受けするカラーを選ぶことが出来ています。

ですが、ファッションについてしっかりとした知識がある方がいいのは間違いありません。

なにより女性の大半はファッションが好きです。最低限の知識を持っているだけで、会話の話題も広がりやすくなります。

とはいえ、今さらどうやってファッションを学べばいいのかわからない、という方も多いと思います。

そこでオススメなのが、スマホで大人の男のファッションの基本が学べる【メンズファッションスクール】というものです。



こちらのサービスでは、テレビや雑誌にも登場しているファッションスタイリストの大山旬さんが、さまざまな状況においてピッタリなファッションについて教えてくれるコンテンツを見ることが出来ます。

さらにわかりやすく動画で教えてくれる動画レクチャーも40本以上あり、初心者でも非常に理解しやすくなっています。

これらのコンテンツや動画をスマホで空き時間に見ていくだけで、しっかりとしたファッションの基本が学べると思います。

月額は840円(税込)と下手なファッション雑誌を買うよりお得な値段です。

しかも初月は100円(税込)と非常にお得ですので、とりあえず1ヶ月間試してみて、気に入ったら継続するというのもいいと思います。

流行のファッションを追いかけるだけでは常に新しい情報を調べる必要がありますが、一度ファッションセンスを磨けば、流行廃りは関係なくなります。

本気で女性受けを良くしたければ、ファッションセンスも磨いてみましょう。

第一印象が良くなることは間違いありません。

 

有利な舞台で出会いを作る

今回は自分に有利な場所で出会いを作るというテーマです。

つまりあなたが仮にスポーツマンだとして、スポーツマンが好きな女性がたくさんいる場所へ出向けば、当然ですが出会う可能性は高くなりますよね。

最近はあるジャンルに特化した出会いのサービスもありますので、それらを利用すると理想女性と出会える可能性はグッと高くなります。

ここでは2つだけ紹介しますが、他にも色々ありますので、ぜひ自分にあった出会いの場を探してみてください。

もしもあなたがハイステイタスなのになぜか出会いに恵まれない方だったら……

その場合はデイズというマッチングサービスがオススメです。

このデイズは男性は上場企業、大手企業、医師、経営者、公務員などのハイステイタスに限定しているという恋活サービスです。

女性は初めからハイステイタスな男性を狙って登録しているわけで、他の条件よりもステイタスに重きを置いている女性ばかりなので、いい方は悪いですが、お金と地位さえあればそれだけでかなり有利に出会いを作れることになります。

私は試してみたくても試せないサービスの一つです(笑)

もしもあなたがオタクだったら……

その場合はミューコネクトというオタク婚活・恋活のパーティを開催しているサービスがオススメです。

普通に出会うとそれがネックになって交際に繋がらないかもしれないオタクと言われる趣味を、お互いに共有し合える相手を最初から探そうというわけです。

これならば今まではオタクと言われるのが怖くて女性と話せなかった人も、安心してどんどん話しかけることが出来ます。

相手も最初から分かっているし、上手くいけば同じ話題で盛り上がることも十分に考えられます。

これらのサービスは条件に当てはまらない人は全く参加する意味のないものですが、当てはまる人にはすごく効果的なサービスです。

もちろんこういうサービス以外にも、英会話が好きな人は英会話学校に通って出会いを作るとか、テニススクールに通うとかいろいろ出会いを作る手段はあります。

しかしこれらのスクール系では、共通の話題は作りやすいですが、相手は必ずしも出会いを求めているわけじゃないので仲良くはなれても、その先に進まない可能性は高くなります。

その点でこういうサービスは非常に後が楽ですので、自分に当てはまる出会いのサービスを見つけた方は、積極的に利用してみてください。

NLPは恋愛で役立つのか?

心理学の本などをよく読んでいる人ならNLPという言葉を聞いたことがあると思います。

NLPとは、Neuro-Linguistic Programming、和訳すると神経言語プログラミングのことです。

NLPは心理学の一種で、簡単に説明すると、無意識による心理への働きかけをメインとする心理学です。

今までにこのサイトで紹介してきた心理テクニックともかぶる部分はあります。

元々、心理学から派生しているので、ハッキリした境界線がないのです。

有名なミラーリングなどのテクニックは、心理学・NLPのどちらでも紹介されたりします。

とりあえず、NLPとはどのようなものなのか、簡単にいくつか用語を挙げて紹介してみます。

 

・リフレーミング

考え方や習慣の枠組みを変えて、ポジティブに物事を考えられるようにする

 

・ラポール

相手との信頼関係のことで、無意識への働きかけを用いて形成する

 

・キャリブレーション

相手の無意識から生じる表情の違いを見分けるテクニック

 

このようにNLPでは一般的な心理テクニックとは違い、自分や相手に対しての無意識による心理への働きかけを行います。

無意識に働きかけるというと魅力的にも聞こえますが、実際には無意識よりも意識に訴えかけた方が、効果が桁違いに大きいです。

無意識に訴えかける方法を大量にマスターしたところで、会話力などの意識に訴えかけるコミュニケーションができていないと、効果は期待出来ません

 

例えば先ほどのミラーリングは、相手の行動を鏡のように真似たりして親近感を抱かせる、というテクニックですが、それ以前の段階で仲良くなってない人がそんなことをしても、気持ち悪いと思われるのがオチです。

いくらNLPのテクニックを磨いても、実際の会話で女性を楽しませられないなら、全く意味がないのです。

 

NLPでは相槌の打ち方などもあります。

相手を最高に気持ちよくさせるタイミングで相槌を打つことで、無意識にラポールを形成するというものです。

しかしいくら相槌のタイミングが良くても、そもそも盛り上がっていない会話、女性が興味を持っていない会話をしていては全く意味がありません

 

かといってNLPが全く役に立たないテクニックだと言っているわけではありません。

会話の内容がほぼ完璧なら、NLPのテクニックを上手く使うことで、より一層、女性にモテるようになると思います。

しかしどちらを優先すべきかは明らかですよね。

まずは会話力をしっかりと身につけ、そして女性の好む話題を知って、誰とでも盛り上がれるようになることが先決です。

 

ただし同じ無意識でも「相手を不快にさせる無意識の行動」には気をつけましょう。

よくあるのが貧乏ゆすり・食べ方が汚い・爪を噛むなどです。

これらの無意識に女性を不快にさせる行動は、絶対にしないようにしましょう。

 

 

NLPがここまで人気が出た理由としては、無意識に働きかけるので、失敗しても仕掛けた本人にダメージがない事が挙げられます。

一般的な恋愛テクニックを使って普通に誘って断られるのは怖いけれど、無意識に働きかけて好意を持たせるだけなら失敗しても何も損害がないですよね。

なのである意味、コミュニケーションにトラウマを持っているような人でも使いやすいのが特長です。

しかし何度も言いますが、あくまでも会話力やそれ以前の段階で気に入られてなければ、NLPのテクニックだけでは恋愛関係になど発展しません。

失敗を恐れる気持ちはわかりますが、失敗を恐れていては恋愛は出来ないのです。

恋愛マスターと呼ばれるような人でも、フラれるときはフラれます。

それを乗り越える本当の強さを身につけましょう。

 

追記

ただし今の自信のない自分を変えるため、喫煙などやめたいと思っているけどやめられないという方が、NLPを有効に使うのはいい方法だと思います。

そのために有効な本をいくつか紹介しておきます。

特にオススメは一瞬で自分を変える法 (知的生きかた文庫)です。

文庫で安く買えますし、恋愛以外のビジネスなどでも役立ちます。

 

誘うための会話テクニック

今回は女性を食事やデートに誘うためのテクニックを紹介します。

本当は誘うのには理由などなく、単純に一緒に行けば楽しそうという気持ちだけで来てくれるのが一番なのですが、普段は二人きりで会話するチャンスすらないなどであれば、とりあえず小技を使って誘い、二人きりの時間を作るのが重要になります。

最も有効なテクニックとしては「理由をつける」というのがあります。

例えば、おいしいお店を教えてもらったけど1人で知らない店には入りづらいので一緒に行ってくれない?とか、その女性が詳しいものを一緒に見て欲しいからと言って一緒に買い物に行くとかです。

人は頼まれたときに何か理由がついていると、実際には理由になっていない場合でも頼み事を引き受けやすくなるそうです。

これを心理学では「カチッサー効果」と言います。

 

小さなイエスを積み重ねる「イエスセット」も有名なテクニックです。

相手が当然「イエス」と答えるような質問(例えば今日の天気がいいとか、どこどこに住んでるよねとか)を繰り返してから、狙いの要求をする事で、相手はノーと言いづらくなるというものです。

 

それから2択で質問する「クローズド・クエスチョン」も誘うのに有効なテクニックです。

最初から「カラオケと映画だったらどっちが好き?」と質問する事で、一緒に行かないという選択肢を無くします。

意外にも多くの人が、2択で聞かれるとどちらかを選んでしまうものです。

もちろんそれで確実にデートに行けるというわけではありませんが。

 

小さなお願いを先にする「フット・イン・ザ・ドア」も有効です。

最初に相手が確実にOKしてくれるようなお願いをしてから、そのお礼などで食事に誘ったりするものです。

最初にOKしていると、次のお願いも断りにくくなります。

これはビジネスなどでもよく使われる心理テクニックです。

 

相手のやりたいことに乗るのも大事です。

女性との会話で相手が今したいことなどを聞くことが出来れば、「俺もそれをしたいから一緒に行こう」という感じで誘います。

相手の欲求に乗っかっているので、当然OKがでる可能性は高くなります。

 

これらのテクニックを使えば、誘える可能性は上がりますが、もちろん100%というわけにはいきません。

もし断られても「いきなり無理なお願いしてごめん」とか「急に誘ってごめん」と笑顔で対応しましょう。

そうすればまた次の機会も巡ってきます。

そこで落ち込んだ様子を見せたり、ましてや絶対に怒ったりなどしないようにしてください。

 

 

デートで好印象を与えるためのテクニック

実際に女性と出会いを作れて、会話で好印象を与えられるようになれば、当然デートに誘う事になります。

女性は完全に対象外でない場合、最初の1回ぐらいはお試し感覚で食事やお酒に付き合ってくれますが、その時によくない印象を与えてしまうと、2回目はないという事になります。

出会い系や友達の紹介などで知り合っても、最初に会ってそれっきり連絡も取れなくなったりするのは、こういう場合です。

それでは女性とのデートで好印象を与えるためにはどうすればいいのか?

いくつかまとめてみましたので参考にしてください。

会話力を磨く

女性と2人で時間を過ごす以上、女性を楽しませる会話力は必須です。

特に相手の女性がどういう事に興味を持っているのかを事前にある程度、知っておきましょう。

今までの会話で話したことやメールでやりとりした内容を把握しておくべきです。

出会い系ならプロフィールや参加コミュニティをチェックしたりも出来ます。

女性との会話での鉄板ネタは旅行ネタでしょう。

旅行が嫌いな女性はあまりいませんし、実際に行った話でなくても「仮に行くなら何処へ行きたい?」といった感じでいくらでも話はふくらませます。

 

正面の席は避けて斜めに向かい合う

デートでレストランや居酒屋などに入ってテーブル席に着いたとき、正面に座るのは避けましょう。

正面に座ると緊張しやすく、また意見も対立しやすいことが心理学でも証明されています。

テーブル席では斜め前、カウンターのように横並びの席があるときは横に座るのもいいです。

これは合コンなどでも応用出来ます。お気に入りの子を見つけたら、正面ではなく斜め前に座りましょう。

 

清潔感は大切に

女性は美意識が男性よりはるかに高いです。

最低限の清潔感がない男性はその時点で恋愛対象外にされてしまいます。

特にツメや唇など女性は普段ケアしているけど、男性はあまりしない部位には気をつけましょう。

ファッションも芸能人みたいにキメていく必要はありませんが、見た目に汚らしいものや奇抜すぎるものはやめましょう。

 

盛り上がっている内に切り上げる

デートして盛り上がってくると、別れを切り出すのは気持ち的に難しいのですね。

しかし初デートの場合、完全に楽しみきってトーンダウンしてきたところで別れるよりも、盛り上がっている間に切り上げてしまった方が効果的です。

これはドラマや連載マンガなどでストーリーが盛り上がっているところで次回につづくと、それが気になってしまうのと同じ心理効果です。

少し物足りないぐらいにして、相手にもっと自分といたかったと思わせる事が出来ます。

ただしこのテクニックは、あくまで女性が楽しんでくれている事が前提です。

 

デートの後は「楽しかった」と伝える

デートの後にはメールやLINEなどで「今日は楽しかった」という事を伝えましょう。

それによって親近効果により相手にも「楽しかった」という記憶が残りやすくなります。

 

テクニック以前に基本的な魅力を備えていないと意味がないケースもありますが、少しでも女性に好印象を与えられるように努力しましょう。

 

 

リニューアルされたラブサーチで出会いを作ろう!

オススメの出会いサイトの一つであるラブサーチがリニューアルしました。

ラブサーチは男性は無料会員のまま利用することは出来ないので、1年ぐらい前に退会して以来です。

春は出会いの季節でもありますし、この機会に少し試してみる事にしました。

現時点ではざっとしか見ていないのですが、なかなかキレイになってていい感じです。

数多くあった機能は、女性との接点作りに便利だった反面、何に使うのか分からない掲示板とかも乱立している感じで、初心者の方はどれを利用すればいいのかわからないと言う人も多かったと思います。

それらを大きくまとめて、わかりやすくなりました。

個人的にはオフ会ボードは残して欲しかったような気もしますが、他の掲示板でも代用は出来るかな?

 

またラブサーチの画面は全体に古くさい感じで、昔の携帯サイトのような造りで、スマホからだと非常に見づらかったのです。

それらも改善されて見やすくなりました。

特にメッセージのやりとりが見づらかったのですが、改善されて非常に見やすくなりました。

 

足あと・いいねといった他の出会いのサービスにある機能が追加されました。

ブロック機能も強化されたそうです。

お気に入りもボタンを押すだけの簡単操作になりました。

 

今回のリニューアルで他のサービスにあって、ラブサーチにはなかった機能がかなり追加されました。

反面、ラブサーチの特徴だったブログ機能がやや縮小されてしまった感もあります。

ラブサーチならではのカラーが薄くなってしまったので、ちょっと寂しい感じもあります。

ですが最低限、やりとり出来るだけのブログ機能はしっかり残っています。

なによりラブサーチは女性比率が高い優良サイトです。

サクラはいませんし、いわゆる業者も比較的少ないサイトなので、一度は使ってみる価値はあります。

 

この季節、新生活が始まったばかりで、出会いを求めている女性も多いです。

リニューアルされて使いやすくなったラブサーチで積極的に出会いを作りましょう!

 

ちなみに久しぶりにPCMAXなどのポイント制サイトも使ってみたのですが、業者の比率がハンパない事になっていました。

今現在、PCMAXを恋愛初心者が出会いを作るために使う事はオススメしません。

ワクワクメールなど他のサイトはまだ確認していませんが、一度確認してみて、改めてオススメの出会いサイト紹介ページを作りたいと思います。

 

合コン攻略法

女性と出会うポピュラーな方法の一つが合コンです。

友達関係とかが必要にはなってきますが、彼女が欲しいなら一度は参加するべきものです。

今回は合コンで出会いを増やすための方法を解説します。

参加人数は3:3か4:4ぐらいが理想です。これより多すぎると全体と話しづらいです。

逆に2:2とかだと盛り上がりづらいです。

また男女比が違うのもやりにくいですので、なるべく人数は合わせましょう。

 

男性側のメンバーはなるべくセールスポイントが違って、好きな女性のタイプも違う仲間を呼びましょう。

盛り上げるのが上手くてテンションが高めな男性が2人も3人もいると、逆にやりづらくなります。

もちろん逆におとなしい男性ばかりでは盛り上がりません。

いろんなタイプを集めて、お互いに補い合えるようなメンバーにしたいところです。

好きな女性のタイプが違うのも重要です。

男性同士で同じ女性を狙って競争みたいになっていては上手くいきませんので、取り合いにならないように好みの違う仲間を集めるのも重要です。

 

チームワークとしてお互いに言って欲しくないことや、逆に言って欲しいことなどを打ち合わせしておきましょう。

例えば正社員ではないとかで隠しておきたいならば、あらかじめ男性同士で話しておくといいです。

またセールスポイントは自分から話すと自慢話になってしまいますので、友達からそれとなく言ってもらう方が女性受けがいいので、これもお互いに話し合っておきましょう。

また合図などを決めておき、お互いどの子が気に入ったのかが分かるようにしましょう。

 

席は基本的に男女交互に座るようにしてください。

男性・女性がそれぞれ一列に座ったりすると、コミュニケーションが取りづらいです。

男性が早めに店に着いておいて、先に交互に座っておくのも一つの手です。

先に女性が来て一列に座ってしまっている場合は「お見合いみたいで変だから交互に座ろう」とか言って、交互に座るようにしてください。

または早い段階で「席替えタイム」と宣言して強制的に席替えしてしまいましょう。

 

中途での席替えも重要です。

特に人数が多いときには、全員とコミュニケーションを取るために必須です。

この場合は女性はそのままで男性だけ移動するようにしましょう。

あらかじめ決めていたように席替えするのではなく、急に思いついたかのような感じで席替えを提案しましょう。

ただし合図でお互いに気に入った子が横にいる場合などは、無理に席替えする必要はありません。

 

会話に入っていない女性にも話を振りましょう。

どの男性からも気に入られていない女性などは、どうしても会話に入りづらくなってしまいますが、時々話を振ってあげて、その場全体が盛り上がっているという雰囲気を作りましょう。

またそうすることで全体に気を配れる男性だと、女性陣に好印象を与える事も出来ます。

 

王様ゲームなど全員で参加出来るゲームを用意しておくのもいいです。

ただし年齢層や相手の女性陣のタイプによってはやめておいた方がいい場合もあります。

また会話でかなり盛り上がっている時も、無理にゲームをする必要はありません。

 

合コンに来た女性達にタイプの女性がいなかったとしても、その場は盛り上げて連絡先交換などはしておきましょう。

もしかするとそこからまた別の友達を紹介されたり、合コンがあるかも知れません。

 

あとこれは余談ですが、女性は男性よりもはるかに合コンなどをドタキャンする確率が高いです。

それを防ぐために、予約した店をキャンセルする場合はお金がかかることなどを女性側に伝えておきましょう。

会費を先に集めておくのも一つの手です。

それから会費の割合は割り勘か6:4ぐらいで男性が多く出す程度にしておきましょう。

最初からあまり多く出すと心理的になめられてしまいます。対等なレベルでコミュニケーションを取りましょう。

 

合コンはしたいけど女友達がいない、という方は合コンセッティングしてくれるサービスもあります。

Rush合コン

コンパde恋ぷらん

合コンはその場で仲良くなれて、出会いを増やせるチャンスです。

積極的に参加したり、企画したりしてみましょう。