告白のデメリット

日本では恋愛が始まるのに告白は付きものというのが当たり前のようになっています。

これは告白によって見せ場を簡単に作り出せるというテレビドラマやマンガの影響が大きいでしょう。

ちなみに海外では自然に仲良くなっていって、そのまま付き合った状態になるのが一般的です。

その代わり、プロポーズ(求婚)は一大イベントみたいなもので、日本人からしたら大げさすぎるプロポーズがテレビやYouTubeなどで見られますね。

しかし海外では告白無しで付き合っているのですから、日本人だって無理に告白なんかしなくても男女は付き合えるのです。

日本ではほとんどの場合、男性から告白することになります。
そして仮に断られた場合、そこから挽回する方法が全くないわけではないもののハードルは高くなります。

それにハッキリと断られなかった場合でも女性から「この男は自分に惚れている」と認識されれば、女性が優位になってしまい、主導権を取りづらくなります。

なので告白はなるべくしない方がいいです。

どうしても告白するのなら、確実にOKがもらえるぐらいまで仲良くなってからとか、女性から「私達ってどういう関係?」とか聞かれた時がいいでしょう。

女性が関係を確認してきたという時は、付き合っているということを確認して安心したいということなので、告白しても確実にOKです。

 

間違ってもほとんど話したこともない女性にいきなり告白したりしないでください。

男性は見た目だけでも女性に惚れたりしますが、女性は話したこともない男性を好きになることはほとんどありませんので、OKの返事がもらえる確率は限りなく低いです。

メールやLINEでの告白も絶対にやめてください。

どうしても告白したいなら、せめて対面した状態でしてください。あなたの熱意が伝われば、可能性はゼロではなくなるかも知れません。

ですが付き合うか付き合わないかの2択を迫られるのは、女性にとって心理的にもハードルが高いです。

なのですでに仲がよかったり、好かれている状態でもないと、断られるか保留されるのがオチです。

それよりは徐々に仲良くなっていって、自然に付き合ってたという状態を理想として目指すのがベストです。

少しでも避けられるリスクは避けて、確実に好きな女性と付き合えるように行動しましょう。

 

一人の女性にこだわりすぎない

あなたはある女性の事が好きになったら、その人しか目に入らなくなるタイプではありませんか?

私は完全にそうでした(笑)

一人に夢中になってしまい、全然脈もないのにその子にばかり話しかけたり連絡したりして、その間に出会った女性のことは気にもとめませんでした。

今考えると非常に恥ずかしいし、もったいないことをしたなと思っています。

一人の女性にこだわりすぎると、その女性を手に入れたいという気持ちが強くなりすぎて、無難な行動しか取れなくてずっとただの知り合いレベルに収まったり、逆にしつこくつきまといすぎて嫌われたりという結果になりやすいです。

もちろんただの遊び人になりたいという人以外は、本命の女性というのは必ず必要になりますが、その反面、常に出会いを増やして、いつでも連絡できる友達以上の女性を複数キープしておくのがいいと思います。

fv142

そもそも特定の女性だけを狙って、彼女を作るというのは相当モテる男性でも容易ではありません。

女性にも好みがあるので、仮にジャニーズ系の芸能人のようなモテる男性であっても、必ず狙った相手をゲットできるわけではありません。

モテる男性が別れてもすぐに次の彼女を作れるのは、普段から連絡の取れる女性が複数いるからです。

別れたらすぐに別の女性と遊びに行き、その中から次の彼女を作るような感じです。別れてから出会いを作ってというような流れになることはマレです。

このへんの流れは極端に言えば、転職を考えている人が先に次の就職先を探しておくようなイメージです。
もちろんこれから就職という人も候補は一つだけにしたりしませんよね?

なにより複数の連絡できる女性がいると、心に余裕が出来ます。
仮に一人ぐらい連絡が返ってこなくても、嫌われても構わないと思えるようになり、今まで当たり障りのない会話しか出来なかった人でも、もっと深い話がしやすくなります。

たくさん候補を作っておくというと悪いイメージを持たれる方もいるかと思いますが、大半の女性は複数(それも男性よりも圧倒的に多い数)の男性と連絡したりしています。

そもそも付き合っているわけではないのだから、複数と連絡したりしようが何の問題もありません。
たくさん出会っていけばもしかすると、今好きな人よりもっと理想の女性と出会えるかもしれません。

あなたも出会いを量産して理想の彼女をゲットしましょう。

 

初心者にオススメの出会いはネットでの出会いです。


なんと言ってもダントツで利用者も多いpairs(ペアーズ)で出会いを作りましょう。

 

簡単に諦めない

女性にデートを誘って断られたり、告白して断られるとすぐに諦めてしまう人が多いです。
中にはアプローチする前から「こんなかわいい子は俺には無理だ……」と諦めてしまう人もいます。

ハッキリ言って自分からチャンスを放棄しているようなものです。
ましてや何もしないうちに諦めるのはもったいないです。

男性から好きになった場合、当然ながら女性はまだ恋愛レベルで考えていないのですから、すぐに付き合ったりするような女性の方が尻軽な感じで後が大変です。

女性の中には簡単にOKすると軽い女と思われるという考えから、最初は断る人もいます。
テキサスA&M大学のミューレンハード博士の研究によると、男性に誘われたときに応じるかどうかと質問した場合、「YES」という気持ちがあっても何も考えずに「NO」と返事する人が39.3%もいたそうです。
言ってみれば10人に4人は最初は形式的に断るのです。

「まだ知り合ったばっかりだし」とか自分を否定されていない断り方であれば、全然諦める必要はありません。

ただし前にも書きましたが、イチかバチかで告白するのはリスクがあるので、なるべく100%大丈夫という状況を作るまでは告白しないようにしましょう。

仮に告白して失敗した場合は、少し間を置いてから、もう一度前の段階に戻ってやり直しましょう。
あなたが女性にとって「生理的に受けつけないタイプ」じゃない限りは可能性はあります。

 

相手の女性が明らかに自分よりレベルが上で、絶対無理だからと諦めてしまうケースもあります。
この場合は自分がそのレベルになれるように努力しましょう。

最低限の身だしなみ・ファッション、女性を楽しませる会話術やメール・LINEテクニックなどをしっかりと身につけて、自分に自信を持ちましょう。

それにそこまでキレイだったり、かわいい女性は、同じように最初から諦めてしまう人が多いので、回りが思っているほど男性慣れしていないケースもあります。
なので思い切ってアプローチすれば、意外とあっさり落ちるケースもあります。

諦めないのは大事ですが、しつこくつきまとうのはよくありません。ストーカー扱いされるだけです。
一度断られたらある程度の冷却時間をおいてから、再度アプローチしましょう。
その間に何が悪かったのかをよく考え、そして自分に足りなかった部分を改善しましょう。

次に会ったらいきなり誘ったり、告白し直すのではなく、前の段階に戻って楽しく会話するところか始めましょう。
そして前とは違う感じ、よりいい雰囲気が作れるようになってから再度誘ってみましょう。

どんなにモテる男性でも、失敗はつきものです。
そこからどうやってやり直せるかを考えるのが大切です。
あなたも諦めないマインドを手に入れて、チャンスを逃さないようにしましょう。

 

自粛中こそ出会いをつくる

今年に入ってから新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言やまん防の繰り返しによる自粛続きで、新しい出会いを作る余裕がないという方が多いようです。
少なくとも合コンや出会い目的のパーティーに参加するのは厳しいでしょう。
紹介でもそれまで全く接点のない人と新規で直接会うのは難しいと思います。

だからといってここで諦めるのは早計です。
ということは、他の多くの男性も同じように考えていて、あまり出会いを作ろうと努力していない状況です。
ですが女性だって彼氏が欲しい気持ちに変わりはないし、すぐに出会うのは無理でも、キッカケぐらいは欲しいと思うはずです。

そこでpairsラブサーチをはじめとした出会いサイトの出番です!

ネット上ならウイルスの心配なく出会えますので、まずは今の間にどんどんキッカケを作っておきましょう。
もちろんそれほど感染者数が多くない地方の方なら、今の時期でも会えるかも知れません。
首都圏や近畿圏など飛び抜けて多い地域なら、とりあえずは関係構築に力を注ぎましょう。

今のうちにネット上で知り合っておいて、少なくともLINEなどのSNSで直接やり取り出来る相手を複数人見つけておくことをオススメします。

一人に絞るのは良くありません。
ターゲットが一人しかいないと、気持ちに余裕が出来ず、上手くいかないケースが多いです。
後ろめたさを感じる必要はありません。相手の女性もほとんどの場合、複数人とやり取りしているはずですから。

そして直接会える時期になったら、問題なければすぐにでも恋愛関係に発展できるぐらいの土台を作っておきましょう。

コロナ禍で出会いが少なくて困っているは男性だけではありません。
過去にもいろんな疫病や大災害がありましたが、それで恋愛が無くなったなどという時代はありません。
焦らずに今のうちに種を蒔いておきましょう!

 

 

女性の好意レベルを見極める

女性をデートに誘うにしても、告白するにしても、相手がどれだけ自分に好意を持っているのかを見極めなければ、ただの一発勝負のバクチです。
冷静にお目当ての女性がどれだけ自分に対して好意を持っているか、しっかりと見極める必要があります。

一般的には相手がどれだけ笑顔になっているか、などで判断することが多いと思います。

ですが時間やお金を使って参加している婚活パーティーや、出会いアプリの場では女性もハッキリと表情などで「NO」を出しますが、女性は平均して男性よりもコミュニケーション能力が高いので、それ以外の場合には愛想笑いなどであるケースも多いです。

特に会社や学校のグループ内だと、そこで一人だけに露骨に悪い態度をすると、他のメンバーとの関係もあるので、実際は嫌がっていても、表面上は愛想良くしていることは多いです。

ではどうやって好意レベルを見極めればいいのでしょう?

一番いいのは、同じグループ内にいる男性と、自分に対しての反応の差を見ることです。

他の男性と話している時と、自分と話している時とで、どれだけ表情が違うかや、会話の内容がどれだけプライベートにまで及んでいるか、などです。
人間は相手に対して親近感を持っていればいるほど、自然と表情は緩みますし、会話の内容も個人的な内容を含んだものになりやすいです。

それが出来ない出会いサイトなどでの初対面の場合は、まず相手がもともと人見知りするタイプなのか、そうではなく誰とでも仲良く話せるタイプなのかを見ておきましょう。

人見知りするタイプなら、そこからどれだけ打ち解けたかで好意レベルを測ります。

難しいのはもともと誰とでも仲良く話せるタイプで、この場合は本心から仲良くしているのかどうか、表面上は判断しづらいです。
それとなくプライベートのことを聞き出すような会話をしていって、それで答えてくれるかどうかを基準にしてみましょう。

ちなみに好意レベルは0が興味なし、10がべた惚れ状態とした場合、それだけでなくマイナス以下もあります。
マイナスは興味なし以下、つまり嫌悪されている場合です。
興味なしより下になると、そこから恋愛モードにしていくのは不可能ではありませんが難しいです。
なるべく最初の段階でそこに入らないように、第一印象を良くする努力をしましょう。

またまだまだ好意レベルが足りないと感じた場合は、さらに会話で女性を楽しませて、徐々に上げていきましょう。
好意レベルがプラスでさえあれば、何度も会って楽しく会話すれば上げることは可能です。

その際には「モテ会話マスタープログラム」「美女を落とすための会話術」の内容が役に立ちます。ぜひ参考にして実践してみてください。

 

声を磨く

メラビアンの法則というものをご存じですか?
コミュニケーションでの重要性は口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%で、会話自体の内容はわずかに7%であるというものです。

実際はこれは間違った解釈だそうで、普段の会話に当てはまるわけではないのですが、それでも会話の内容以外、つまりノンバーバルな要素はとても重要な事に変わりはありません。

表情や身振り手振りなどのオーバーリアクションなどについては以前にも触れましたが、今回は意外と誰も気にしない、声について解説してみたいと思います。

とはいえ、生まれつきの声質を矯正しろと言うわけではありません。
もちろん自分の声がコンプレックスなら、ボイストレーニングなどして変えるのも一手ですが。
そこまでしなくても印象を変えることは出来ます。

まず恋愛初心者の方に多いのが、女性と話すときに声が小さすぎる人です。
女性と会話しているときに、よく聞き返される方は要注意です。
声が小さい人は頼りなく感じますし、楽しい雰囲気になりづらいです。

声が小さいという自覚がある方は、話すときに感情を込めて話すようにしましょう。
また話している相手に声を届けるというイメージで話すようにするといいでしょう。
普段から家族や仲のいい友達と話している時の感覚をしっかりと覚えておいて、女性と話す時にもそのまま話しましょう。

また最近の若い人に多いのが、声が大きすぎる人です。
大勢で一時的に盛り上がるのにはいいですが、恋愛モードには不向きです。
状況を考えずに大きな声を出していると、空気が読めない人扱いされてしまいます。
たまに周囲の邪魔になるほど大声で笑いながら、机などを叩く人がいますが、あれは絶対に止めた方がいいです。

声が大きすぎると指摘される人は、意識して相手との距離感を考えましょう。
この場合の距離感は、心のではなく、身体的な距離感です。
すぐ横や前にいるのに大声を出す必要はありません。

ただ声が大きすぎるのは、自覚がない人が多いようです。
常に相手の反応を気にしたいですね。

声は恋愛だけでなく、ビジネスなどでも役立つスキルです。
一度ご自分の声をスマホで録音するなどして聞いてみて、修正してみてはどうでしょうか?

もし本気で声を改善したいなら、「言葉と声の磨き方」という本がオススメです。
CD付きなので、発声練習の方法などがわかりやすいです。

 

男女は別の生き物と理解する

今までにも何度か恋愛講座において書いてきましたが、男性と女性では根本的に考え方が違います。

男女は別の生き物と考えるべき、という専門家も多くいます。

恋愛マスターと言われる方達は、揃ってその考え方を強調されています。

 

恋愛初心者にとって最も大きな壁が、この男女の考え方の違いだと思います。

自分がこうだから、相手もこうだろうと思って会話したり、行動すると、女性にとっては不快になってしまう事も良くあります。

今回はその中でも特に重要な事を挙げておきます。

基本的に女性の会話の目的は感情の共有です。これは多くの男性が語り合ったり、議論するのが好きなのとは対照的です。

女性は自分が話したことに共感して欲しいのです。

素直に相手が話したことに対して、感情を表現してあげましょう。

女性が怒りをぶつけているのなら一緒に怒る、笑い話をしていれば一緒に笑う、悲しい話をしているなら同情してあげることです。

男性はこういう時、ついアドバイスや自分の経験談をしてしまいがちですが、女性はそういったものは求めていません。

女性側から聞かれた場合だけ、話せばいいでしょう。

 

このように女性は自分を中心とした会話をしてあげると、非常に話が弾む傾向があります。

男性はつい自分語りしてしまう人が多いのですが、それよりは女性を中心とする会話で、どんどん女性に話をさせてあげましょう。

女性は話すことでストレス発散する生き物なのです。

 

また女性はストレートに断るのを避ける傾向があります。

気のない男性から誘われても、その場はOKしておいて、いざ細かい予定を決めようとすると予定があるなどとして逃げたり、音信不通になったりします。

恋愛初心者はこれでよく落ち込んでしまいますが、良くあることだと思って気にしないでください。

 

他にもたくさんあるのですが、とても書き切れません。それぐらい男女は違いの方が多いのです。

もっと知りたい方にぜひオススメしたいのがジョン・グレイ博士が書いた「ベスト・パートナーになるために」という書籍です。

この本ではなんと男は火星から、女は金星からやってきた、別の生物だとまで仮定して、男女の考え方の違いについて詳しく解説されています。

基本的にはすでにパートナーがいる人向けの本ですが、この本に書かれている男女の違いを知っておくだけで、今後の恋愛活動に大きな差が出ると言いきれます。

500円台で購入出来ますし、付き合ってからのすれ違いを無くす事にも役立ちます。

ぜひ一読されることをオススメします。

 

 

 

本音と建前

女性は、本心とは違う言動をとって男の反応を試してくる場合や、軽い女と見られたくないために、本心とは違う言動をとることがあります。

恋愛初心者の方は、女性にデートに誘った時に、すぐにネガティブになってしまう場合が多いですが、実は気にする必要がない場合も多いです。

今回はそんな女性の本音と建て前について解説してみます。

本音ではOKなのに、軽い女と思われたくない、と考えて断わるフリをしているケースもあります。
また他に用事があったというだけかも知れません。

それに気づかずに、一度断られただけで脈無しと思ってしまい、諦めてしまう人もいるようです。実にもったいないですね。

女性がこのような建前を使う理由はいくつかありますが、ほとんどが次の2つのケースでしょう。
・軽く見られたくない
・軽く断ってみて、自分への本気度を知りたい

このような建前を使った駆け引きは、男性はほぼ使わないので、つい本気に取ってしまって諦めがちです。
しっかりと相手を見て、本当に脈がないのか、それともまだまだ可能性はあるのか、見極めないといけません。

 

ちなみにこのような駆け引きは、特別にプライドが高い女性だけがするわけではありません。

女性は基本的に誰でも受け入れるようなことはありません(マレにいるようですが……)。
このような女性の行動は、本能的な部分もあるし、「軽い女はダメ」という社会的な意識もあり、自然に出るのだと思います。

そういう場合に、本音を見抜いて、すぐに諦めないようにしましょう。

もちろん本気で嫌がっているならダメですが、悩んでいる状態なら、押せばOKをもらえる可能性は十分にあります。

ただし一度断られたら、その場でしつこく食い下がるのはやめた方がいいでしょう。

その場は軽く笑顔で「じゃあまた今度タイミングがあえば」とか言って、素直に引きましょう。
ただその後も今まで通りに継続して、関係を深めていくようにして下さい。

そしてまた時期を見て再度誘ってみましょう。
何度も誘うことによって、女性の側も「この前は断ったから今回は……」とか「何度も誘ってくると言うことは本気」と考えて、OKがもらえる率が上がるはずです。

もちろんその間に女性の自分に対する好意を上げるように、会話などでしっかりアピールして下さいね。

正直、この本音と建前は、男性にとっては面倒でしかない女性の駆け引きですが、逆に言えば誰とでも付き合うような軽い女性ではない、という証明でもあります。

上手く見抜いて、目当ての女性をデートに誘いましょう。

 

 

ファッションを学ぶ

新しい出会いを求める上で、最低限のファッションは必要になってくると思います。

中身が大事とはいっても、第一印象はやはり見た目です。そこで弾かれていては、中身がいくら良くても意味がありません。

ですが今までこのサイトでもあまりファッションについては詳しく解説はしていません。

というのも私自身がろくにブランド名なども分からないぐらい、ファッションに疎いからです。

ただ私は服飾とは関係ありませんが、デザインの勉強をしていた関係で色に対してこだわりがあり、そのせいか割と女性受けするカラーを選ぶことが出来ています。

ですが、ファッションについてしっかりとした知識がある方がいいのは間違いありません。

なにより女性の大半はファッションが好きです。最低限の知識を持っているだけで、会話の話題も広がりやすくなります。

とはいえ、今さらどうやってファッションを学べばいいのかわからない、という方も多いと思います。

そこでオススメなのが、スマホで大人の男のファッションの基本が学べる【メンズファッションスクール】というものです。



こちらのサービスでは、テレビや雑誌にも登場しているファッションスタイリストの大山旬さんが、さまざまな状況においてピッタリなファッションについて教えてくれるコンテンツを見ることが出来ます。

さらにわかりやすく動画で教えてくれる動画レクチャーも40本以上あり、初心者でも非常に理解しやすくなっています。

これらのコンテンツや動画をスマホで空き時間に見ていくだけで、しっかりとしたファッションの基本が学べると思います。

月額は840円(税込)と下手なファッション雑誌を買うよりお得な値段です。

しかも初月は100円(税込)と非常にお得ですので、とりあえず1ヶ月間試してみて、気に入ったら継続するというのもいいと思います。

流行のファッションを追いかけるだけでは常に新しい情報を調べる必要がありますが、一度ファッションセンスを磨けば、流行廃りは関係なくなります。

本気で女性受けを良くしたければ、ファッションセンスも磨いてみましょう。

第一印象が良くなることは間違いありません。

 

女性からのボディタッチは脈あり?

私もそうでしたが、恋愛初心者であればあるほど、女性のちょっとした仕草や態度の変化で「この子はもしかしたら自分に気があるんじゃないか?」などと期待してしまいがちです。

そして自分では脈ありだと思っていた女性に告白したり、デートに誘ったりして玉砕した事も何度もあるでしょう。

ここではよくある脈ありサインについて、本当に脈ありなのかどうかを解説していきたいと思います。

女性からボディタッチしてくる

女性からボディタッチされるとそれだけで脈ありと思ってしまう人も多いようです。

冗談を言った時などにつっこみのような感じで軽く叩いてくる女性もいますし、手の大きさを比べたり、腕の筋肉がどれぐらいなのって感じで触ってくる女性もいます。

恋愛初心者にとっては、女性から触ってくるのはそれだけでも期待してしまう要素になります。

ですが女性は特別に気持ち悪いと思っているとか、嫌っているような相手でもなければ、普通にボディタッチ出来る人が多いです。

なので少なくとも嫌われてはいないでしょうが、これだけで脈ありなのか、単なる友達という認識なのかは判断できません。

ただ普段はボディタッチしてこない女性が、お酒を飲んでいるときだけボディタッチしてくる場合は、脈ありの可能性が高くなります。

 

メールやLINEにハートマークなどの絵文字が多い

これもよく聞くサインですが、そもそもその女性が普段から絵文字が多いタイプかも知れません。

他の連絡している相手には全く使っていないのに、自分にだけ使ってくれているのならば脈ありかも知れませんが、自分へのLINEなどに絵文字が多いと言うだけでは参考にはなりません。

それよりは書いている内容で判断していく方が間違いないです。

「おはよ~」とかの挨拶メールとか、今日こんなことがあったみたいな報告メールが頻繁にくるようになれば、脈ありといってもいいかも知れません。

 

やたら視線が合う

これも結構、期待してしまいがちですね。

何度も視線が合えば「あの子は俺のことをじっと見てる」と思ってしまうものです。

しかし女性には話すときなどに相手の目をじっと見て話す人が結構多いです。

特にサービス業などを経験した女性は、視線を合わせて話す癖がついている場合が多いです。

ですので視線がよく合うというだけでは、脈ありサインとは言えないでしょう。

もちろん嫌いな相手をじっと見たりはしないので、やはり嫌われていないのは確かだと思いますので、会話などで盛り上げるチャンスがあればどんどん積極的にいきましょう。

 

オススメの出会いサイト

Pairs(ペアーズ)
圧倒的会員数の優良サイト!
まずはここに登録しよう!

ラブサーチ
女性会員比率が高い優良サイト!
掲示板機能も豊富

ランキング参加中です


クリックしてくれると嬉しいです。